ユロドルとドル円でFXサヤ取り
FXでサヤ取り。フリーランチ(タダ飯)と呼ばれるサヤ取りはFXでも通用するのかを検証しつつ、ドル円デイトレがメインのブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
決断力
将棋棋士の羽生善治さんの本『 決断力 』を読み返してます。

以前、誰かに勧められて購入して読んだんですけど、内容忘れちゃってました。
本棚見てて、ふと読みたくなって手に取りました。

将棋とFXトレードには、意外に共通点があるじゃないか!
なんて思う箇所が随所にあるんですよ。


感情のコントロールができることが、実力につながる

勝負に一番影響をするのは「怒」の感情だ。

勝負の世界では、たとえ失敗しても次のミスを防ぐことが大事だ。
かっとなったら、それはできない。

自分の感情をコントロールすることは将棋の実力にもつながるのだ。

また、対局では、「負けだな」と思ったときに、そこですんなり投了できるときと、できないときがある。
理性の声は「すぐに投了すべきだ」とささやくのだが、もしかしたらまだ逆転の手があるかもしれないと、一縷の望みに賭けて続けることがある。

実際に、それでたまに勝つこともある。
しかし、明らかに負けの場面を考え続けるというのも苦痛なことである。

投了の早い人は自分の感情のコントロールができる人といえるのかもしれない。



投了=損切りに変えると、トレードの話と全く同じですよね!
というか、あの羽生さんですら心理的葛藤を感じているとは・・・

私のような凡人トレーダーが、損切りできないのは
ある意味当たり前なのかも~なんて自分を慰めたりして。

でも、将棋と違うのは、
損切りせずに粘って、たまに戻すことがある
ときの、その後に与える影響じゃないでしょうか。

含み損に耐え続けるのは苦痛ですよね。
で、たまに戻したときって、苦痛に耐えたごほうび!みたいな感じで
脳内にインパクト強く残る気がするんですよね。

さっさと損切りしたときの痛みより
耐えて戻したときの喜びのほうが、より記憶に残りやすいというか。

本来なら、負けトレードだなって思ったら、さっさと損切りすべきなのに
それをくつがえす体験が、さっさと損切りすべきってルールを
ぼやかしちゃうように思うんです。

これって、あとで絶対にしっぺ返しを食らう・・・
それも、耐えて戻した含み損の何倍にもなって!

小さな負けを許容できないトレーダーは
そのうち息の根を止められる!と思って間違いないんじゃないかと。

スポンサーサイト
買い より 売り ?
FXを始めてから、いろいろ読んだ本や情報商材でも
一番実践的で役に立ったな~と思うのが
林 輝太郎という人の書いた本です。

株や先物の取引の話が多くて、直接的なFXの話ではないのですが
投資・投機の手法については学ぶことが多いです。


で、読んでて「へぇ~」と思ったのが

>>続きを読む
為替レート1日のボラティリティ
2008年はリーマン・ショックから金融不安、世界同時不況、100年に1度の混乱(?)とかって言われてましたね。確かに派遣切りとか内定取り消しとか、企業(特に製造業)の決算発表もボロボロになってたりしますよね。

そんな中で、実際、為替レートも乱高下してたのか?と思って調べたところ・・・

>>続きを読む
FX複利運用の魅力?
今さらながら、なんですけど。

デイトレで複利運用したら、10万円は一体、いつ頃、どのくらいの金額に膨れ上がるのかなぁ~☆

なんて思いまして。

エクセルで計算してみたところ、笑っちゃいましたYO!


10万円を日利20%で半年間、毎日、複利運用を続けることが出来たら・・・
一体いくらになると思いますか?


1日20%は不可能だよ~なんて突っ込みは無しで! 妄想ですから!


な・・・なんと!!



300兆円

になるみたいですよ。
エクセルシートの計算が間違ってなければ☆

FXデイトレで複利運用するとどうなるか?
あのマニュアルが封印!?
私がシステムトレードでもスキャル・デイトレでも、
か~な~り勉強させていただいたSarahさんのマニュアル2冊

●Sarahのデイトレ&スキャルテクニック

●Sarahの超シンプルシステムトレード

ロングセラーであることからも、好評だということが分かるんですが・・・


なんと!

「そろそろ封印するかも・・・」とSarahさんがブログに書いていました!!


☆封印 = 販売停止


入手する最後のチャンスかもしれません。




参考までに、

私は、Sarahさんのデイトレ&スキャルテクニックの作戦その1、その3、その4を多用しています。

超シンプルシステムトレードは、本当にシンプルすぎて笑っちゃうくらい簡単で誰でもできます。
私は、スキャルをするときも、このシステムトレードのサインが出ている方向を意識してエントリーするようにしています。



興味のある方はこちらからどうぞ。

>>Sarahのデイトレ&スキャルテクニック
>>Sarahの超シンプルシステムトレード



この記事が役立ったならランキング応援お願いしますね!
にほんブログ村 為替ブログランキング

ありがとうございます♪励みになります!!


損切りより前にFXトレードで必要なチェックポイント
順張りと逆張りってありますが。


どちらがお得意ですか?


世間ではトレンドフォローが稼げるというのが通説なのでしょうか。



しかし、FXトレードやってると


「トレンドなんてあてになんね~YO!」


って思うときないですか?



潮目変わるのが早すぎませんか?

ってくらい、


鳴門の渦潮かよ!

ってくらい、


潮の流れ = トレンド が発生したか?と思ったら裏切られ

トレンドが変わったか! と思ったら、そのまま潮の流れに乗っときゃよかったじゃん!

てまたもや裏切られ・・・



そんな繰り返しに疲れて、

「トレンドなんてあてになんね~YO!」って結論に至った私なんですが。




しかしですね、よくよく考えてみると



●ワタクシ  逆バリが好きみたい。



ってことに気がついたんですよ。


恐ろしいことに、無意識に逆バリ発想でチャートを見てるんです。

逆バリ色メガネをかけておったんです。



逆バリより順張りのほうが勝てる・稼げるとは言い切れませんが

逆バリ発想でチャート見てると


明らかに、勝てません・・・。



たまには勝てますよ。しかしそれが曲者なんです。



順張りで勝てたときって、流れに乗っただけ = 自分の力ではない。

と思うんですが、


逆バリで勝てた = 狙いが当たった! = 自分の分析力すごくね?

って、必要以上に過大評価しちゃうんですよね。



これって、トレードの目的が

●勝つこと = 稼ぐこと

ではなくて、


●勝つこと = 自分の能力を証明すること

に変わっちゃってるんですよね。




FXで勝つ = 稼ぐ そして稼ぎ続けるには、

損切り!
 損切り!!
  損切り!!!

って言われると思うんですけど、



損切りしよう!!できるようになろう!!


と考える前に



■逆バリ好きかどうか



を考えてみたほうがいいと思うんですよね。



もし、逆バリ好きの傾向があれば、


●FXで勝つこと = 自分の能力を証明すること


が無意識に目的になっている可能性が高いし、




そういう場合は、


●損切り = 自分の能力を否定すること


って無意識に判断されてる可能性があるので、

損切りすることが「非常に困難」な状況ではないかと思います。





自分の分析力や能力を証明したいんであれば、
別に身銭を切ってFXトレードしなくていいんだしね。


Author にゃふー はじめまして。
こんにちは。「FXサヤ取り」を書いている にゃふー です。

FXは始めてからもう2年半くらいです。

でも、トレードしていない時期もあるので、まだまだ初心者・・・かな?


スキャルやデイトレをしていましたが、勝ち続けることができませんでした…。

負けが負けを呼ぶサイクルってありますよね!?

そんな疲れてたときに、「サヤ取り」という手法を耳にしてから勉強しはじめました。


自己流で分析したところ、ユロドルとドル円のペアでのサヤ取りのパフォーマンスが良かったので、リアルトレードしてみました。


最初はうまくいってたんですよ。1日で大体40~50pipsくらい取れたりしてて。


でも、ある日を境に勝てなくなりました・・・。


ちょうどサヤ取りで勝てなくなってる・・・?という時期に、このブログを始めたので、

【サヤ取り結果】カテゴリーを見ていただけると、よく分かると思います。



ユロドルとドル円の相関関係が崩れてしまったようです。


サヤ取りでは、「相関がある」ことが前提のトレード手法なので、課題は

●相関が崩れるのはどういうときなのか?

を見極めることだと思ってるんですけど、どうやれば良いのか模索中です。



ひとりで自己流でやっているので、サヤ取りに興味がある方やサヤ取りでトレードしている方などと交流できれば嬉しいです。


コメントやメールフォームからのお問い合わせ大歓迎です!

メールフォームは右サイドバーの真ん中あたりにあります。

【追記】メールフォーム外しました。お問い合わせはコメント欄でお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。