ユロドルとドル円でFXサヤ取り
FXでサヤ取り。フリーランチ(タダ飯)と呼ばれるサヤ取りはFXでも通用するのかを検証しつつ、ドル円デイトレがメインのブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FXサヤ取り手法

サヤ取りとは・・・

サヤ取り  とか  裁定取引 とかで検索するといろいろ出てくるんですが、それを読んで私が理解したことを書きます。


●FXでのサヤ取りは、相関している通貨ペアの価格差を元に利益を上げる方法


普通FXでトレードするとき、ドル円が円安方向に行くと思ったら、ドル円ロングにします。

これは片張りって呼びます。

サヤ取りは、ドル円と相関がある通貨ペア (→このブログではユロドル)

をドル円と同時にロングまたはショートします。


正の相関だったら、片方ロングで、片方ショート
負の相関だったら、両方ともロングまたはショート


で、価格差を元に取引するわけですが、

この価格差も常に一定ではなくて、時間とともに差が開いたり縮まったりしています。


差が開いたり縮まったりしているというのは、

= 価格がゆがんでる

= 通常とは何か逸脱したおかしい動き

と考えます。



ですから、このゆがみはいずれ矯正されて戻る(・・・はず)と予想がたちます。



で、

●ゆがんだときを見計らってポジション建てて、矯正されたときにクローズする


FXのサヤ取りとは、こういうトレード方法です。



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://eurusdjpy.blog32.fc2.com/tb.php/27-d6ec5cac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。