ユロドルとドル円でFXサヤ取り
FXでサヤ取り。フリーランチ(タダ飯)と呼ばれるサヤ取りはFXでも通用するのかを検証しつつ、ドル円デイトレがメインのブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FXサヤ取りのエントリー区別
オージー円とキウイ円のFXサヤ取りにおける
大まかなエントリーと決済ポイントを示しましたが

オージー円とキウイ円のサヤ推移グラフ拡大版のエントリーポイント




で、ロングなの?ショートなの?という話なんですが。


-2σからサヤ平均へ戻るときに仕掛けるのは ロング

+2σからサヤ平均へ戻るときに仕掛けるのは ショート

です。

FXサヤ取りのエントリー区別



サヤが±2σのほうに歪んでいるとき、サヤが拡大した/縮小したと言うみたいで、

拡大→平均へ戻る

縮小→平均へ戻る

ときにロング/ショートで仕掛ける・・・のですが、



どっちが拡大でどっちが縮小だっけ??

どっちがロングでショート??


と毎回混乱するおバカな私なので、覚えるのは止めてw
グラフでイメージで捉えることにしました。


円安・円高のどっちがどっち?みたいなのと同じで・・・。



とりあえず、±2σのほうにサヤが存在してたら「歪んでいるんだね」

「歪んだらエントリーチャンスだね♪」

と理解。



グラフだと

ピンクの線が上にいくときはロング。下にいくときはショート。

と考えなくても理解できますし。


これがドル円チャートだったとしても同じこと。上に行くならロング。下ならショート。




で、サヤを計算するときに、

A:スワップの多い通貨ペア
B:スワップの少ない通貨ペア

で、A-Bで計算しました。


このAをメイン Bをサブと考えます。


これまで例にしているオージー円とキウイ円では、

オージーがメインで
キウイがサブです。



上記で説明したFXサヤ取りのロング/ショートは、


●メイン通貨ペアをロング/ショートする。


という意味です。


サブをロング/ショートどちらにするかは、【正の相関】なのか【負の相関】なのかで決まります。



オージー円とキウイ円の場合は【正の相関】だったので、逆のポジションを取ります。


オージー円:ロング
キウイ円:ショート

あるいは

オージー円:ショート
キウイ円:ロング

でエントリーします。




これが【負の相関】だったら、同じポジションです。

例えば、ドル円とユロドルは【負の相関】だったので、


ユロドル:ロング
ドル円:ロング

あるいは

ユロドル:ショート
ドル円:ショート


でエントリーすることになります。



【正の相関】 = 同じような動きをする = 逆向きポジション
=ロングとショートの組み合わせ

【負の相関】 = 反対の動きをする = 同方向のポジション
=ロングだけ or ショートだけ

です。



この記事が役立ったならランキング応援お願いします!
にほんブログ村 為替ブログランキング

ありがとうございます♪励みになります!!


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://eurusdjpy.blog32.fc2.com/tb.php/38-dc0a708c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。