ユロドルとドル円でFXサヤ取り
FXでサヤ取り。フリーランチ(タダ飯)と呼ばれるサヤ取りはFXでも通用するのかを検証しつつ、ドル円デイトレがメインのブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サヤの推移グラフ

「株式サヤ取り講座」という本によると、サヤ取り売買で必要な道具として「場帖」が挙げられてます。

挙げてるっていうか、必須の道具なんですけど。

サヤの動きを書き留めていくノートです。


私の場合、エクセルに入力していってるんですが・・・

手書きのほうが何かいいことあるかしら?と思って
とりあえず場帖ではないんですけどね。グラフを書いてみようかな、と。


「株式サヤ取り講座」では、グラフ作成には大きい1mm方眼紙をお勧めしてるんですよ。

全紙:700mm×1000mm あるいは 800mm×550mm


大きいほうが、長期間の流れが見やすくなるからだと思います。

それに、小さいとサヤの値が上がったり下がったりすると書ききれなくなっちゃうし。



でもまぁ、手元にあった方眼紙でひとまずやってみることに。


1mm方眼紙B5サイズに、ユロドルとドル円のサヤとサヤ平均(10)を書いてみました。
サヤ手書きグラフ1時間足


黒の鉛筆の線がサヤの値で、

青のペンの線がサヤ平均です。

エクセルで出してるサインとか、パフォーマンスをごちゃごちゃメモっちゃいましたが・・・。


「株式サヤ取り講座」ではグラフにはサヤの値だけ書くことになってます。




で、日足のサヤグラフもとりあえず。
サヤ手書きグラフ日足


1mm方眼紙の残りが少なかったので、
日足グラフは5mm方眼のノートを使いました。節約のためw



手書きグラフを作成してみた結果・・・


5mm方眼ノートは使いづらいです。やはり1mm方眼紙が書きやすい。


そして何より、


●手書きのほうが、サヤの動きが感覚的に分かる!


単に、「サヤの推移をグラフにして視覚化する」という目的なら
エクセルでグラフ作成しちゃえば効率的だし、キレイにできるんですよ。


でも、手書きにすると・・・

エクセルだと感じなかった「何か」がありました!


それも、ある一定期間を溜めて一気に書くよりも、
値が更新されるごとに(日足なら毎日、1時間足なら1時間ごと)
書いていくほうが、より感じやすい気がします。



エクセルだけで分析してるのは、例えるならば陸サーファー。

手書きは、実際に海に入って波にもまれてみた感じ。



・・・この例えなんとなく分かります?



まぁね。海に実際入って波を体感したからといって、
ビッグウェーブに乗れるかどうかは別問題ですがねw



しばらくトレードしてない時期(=チャート全く見てない)があると
トレード再開したときに、うまく値動きに乗れないことってないですか?

それって値動きの波に感覚がフィットしてないからかなぁと思うんですよ。


手書きグラフを作成すると、値動きに感覚をフィットさせやすいのかも・・・
と思いました。


時間のあるときでいいので、試しに手書きグラフを作成してみては??
お勧めします☆

コメント
コメント
にゃふーさんは、さすがというかスゴイですね、対応力。

確かにエクセルで日足グラフを作ると一日単位の目盛りで土日や祝日も自動計算するはずですから線の傾きに微妙な違いがでるはずですよ、手書きに比べて。なだらかになっちゃうんじゃあないのかな?どうだろう?

1年以上の長いグラフや時間足ならエクセルでいいと思うんですけど。
2008/06/18(水) 19:58:39 | URL | まっくりん #- [ 編集 ]
まっくりんさん
コメントありがとうございます☆

>土日や祝日も自動計算するはずですから

おぉっとそうなんですか?!
今まであまり気にしてなかったです・・・。

過去の検証するための長い期間のグラフとかは、さすがに手書きする気力が・・・。エクセル様さまです☆
2008/06/20(金) 01:33:54 | URL | にゃふー #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://eurusdjpy.blog32.fc2.com/tb.php/55-9a10053b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。